PAGE TOP ▲

Home >新着情報一覧 >新着情報詳細

3支部合同日帰りバスツアー 八ッ場ダム「やんばコンシェルジュ案内ツアー」&関越物産工場見学のご報告

2019年10月8日 更新

 8月12日(火)東池袋南池袋・東池袋上池袋・池袋西口の3支部で開催しました。6:30と非常に早い時間の出発でしたが、32名の皆さんは遅れずに集まり、バスは定刻に池袋西口を出ました。道の駅「八ッ場ふるさと館」の休憩では、早速即売野菜やダムカレーパンなど地元の物産を買い込みました。

1つめの見学場所、八ッ場ダムには予定より早く着き、まず工事事務会議室で八ッ場ダムのレクチャーを受けました。ダム建設反対運動の歴史・受入後の曲折などやダムの目的、工法などについて説明を興味深く伺いました。バスでダム上流部右岸の見晴台に移動し、ダムを間近に見ながらダムの細かい部分についても説明を聞きました。満水になると足元の見晴台の3m下まで水が貯まるとの事で、見えてる景色が全て水の中に埋まるのだなと思うと色々な感情がわいてきました。バスで下流側に移動し旧吾妻線の線路を歩いて、下流側から壮大なダムを見上げました。

昼食後、本社が目白で会員企業の関越物産さん群馬工場を見学しました。まず、座学では群馬県の蒟蒻芋の収穫量は全国の90%以上と聞き、工場では国産芋と粉を主に使って生産しているなど品質にもビックリしました。その後、生産ラインの見学、蒟蒻の試食、特別価格での即売会など、美味しく楽しい見学会を開催して頂きました。